原状復帰を知ろう|知ってて得する賃貸物件のイロハ!

男女

大規模修繕工事のポイント

家

マンションの大規模修繕工事の際は、自分が所有している専有部分と、共有部分の境界線をしっかりと把握しておきましょう。専有部分と思っていたら実は違っていた。というようなことがないようにしましょう。

最新モデルのインターホン

家の模型と手

インターホンのリニューアルを考えている人は、最新の機能を搭載したタイプを選びましょう。従来の機能に加えて、動画撮影機能や防犯システム機能も向上しているので確認してみましょう。

アスファルトを舗装

住居

アスファルト舗装工事を行なう理由としては、雨水による水たまりの解消、所有敷地を駐車場へするための工事など様々です。その際にはアスファルト舗装工事の種類を知っておくと便利ですよ。

原状復帰って何

紙で作った家

マンションやアパートなどの物件を賃貸契約が終了する際には、原状復帰または原状回帰をしなければなりません。賃貸物件契約時にはこの原状復帰について知っておいたほうが良いでしょう。原状復帰とは賃貸していた物件の契約が終了した際に、賃貸する前と同じ状態で物件のオーナーに明け渡さなければならないとするものです。原状復帰の義務は賃貸物件契約事項に含まれていないケースもあります。ですが物件契約の際、そのほとんどに原状復帰をしなければならないという項目が明記されているため、原状復帰について把握しておくことが大切なのです。

では、まず原状復帰義務の範囲について確認しておきましょう。一般的な原状復帰の範囲としては、アパートなどの物件を借りていた人が、生活を過ごす中で発生してしまった建物の価値を下げてしまう様な汚れや傷、破損部分の復帰となります。原状復帰には故意によるものや一般常識的に使用した時よりも、度を超える様な汚れや破損の場合に適応されます。ここで確認が必要なのが、借り主が負担する必要のない汚れや破損というのもあります。例としてはテレビや冷蔵庫が原因で壁に出来てしまった電気焼けや、壁紙の日焼け、家具の重みで若干凹んでしまった畳、鍵交換などです。基本的に日常生活を過ごす上で、どうしても発生してしまう汚れや破損の場合は、支払い義務が発生しません。壁紙なども自然消耗として認識されるため、それらの交換や補修は物件のオーナーが負担する分になるのです。賃貸物件の原状復帰にはこのように明確に決まっているものもあれば、支払責任が曖昧なグレーなケースが多々あります。トラブルにならないためにも、事前に確認しておきましょう。